fuelphpの自作パッケージ二個目です。

webを作るときに個人的には基本だと思うエラーメール機能がfuelphpではデフォルトで入っていないので、パッケージとして作ってみました。

packcage名に少し悩んだんですが、error-mailってなると複数単語になるのでalertにしました。
・・・複数単語の時namespaceとかフォルダ階層関連であまりうまく行かない気がするので。

ソースはGitHubで公開してます
https://github.com/9wick/fuelphp-alert

つかいかた

前回とほとんど同じですが、一応使い方を。

  1. DLしたalertフォルダごとfuel/packagesフォルダに入れる
  2. fuel/packages/alert/config/alert.phpをfuel/app/config/alert.phpにコピー
  3. fuel/app/config/alert.phpの設定を変更
  4. fuel/app/config/config.phpでalways_loadのpackagesにalertを追加

configのalert.phpですが、
メールの送信元、
メールの送信先、
メールの件名、
web側に表示するか否か
のシンプルな4つの設定になっています。

これでエラーがでたらalertが飛ぶようになります
win7+wampでのみ検証済み。

まだまだ作り立てて未検証な部分もあるのでツッコミ待ってます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>