From the monthly archives: 12月 2011

標準の写真アプリで写真を見ると、二本指で拡大・縮小ができます。
さらに、左右にスワイプすると次の写真が表示されます。

このUI、写真一覧を表示するようなアプリでは重宝するのですが、
標準UIではないし、UIScrollViewを入れ後にしないといけないしで結構ハードルが高いです。

しかし、すごい簡単な導入方法がありましたので、紹介したいと思います。

Continue reading »

 

前回書いたviewのリサイクル方法を実際にコードで書いて見ました。
.hファイルと.mファイル合わせて200行ぐらいです。

viewの更新タイミングに少し工夫があって、pagingEnabledをONにしたときに
できるだけスクロール中に動作が止まらないようにしてあります

Continue reading »

 

きのうちょっと開発者の人と会う機会があったのですが、
その人が「可動範囲が長いScrollViewを使うときは、viewがリサイクルできるようにTableViewを使っている」みたいなことをいっていました。

たしかにTableViewを使えばcell単位でリサイクルして使えるし、
TableView自体よく使うものだから理解も深いだろうとは思います。

しかし、TableViewで作るのはなんか勿体無いです。

普通にScrollViewでもそんなに難しくないし、
二次元スクロールにしたり拡大機能つけたりとTableViewではできないこともできるので
ちょっと紹介しておきたいと思います。

Continue reading »

 

当たり前に使っていたものの、そういやブログに書いてなかったなと思ったので。

コピペの延長でCoreData関連のコードは書けちゃいます。

Continue reading »

 

FetchedResultsControllerは非常によく使います。
しかし、FetchedResultsControllerのプロパティであるdelegateとcacheの意味を
深く知らなかったので(毎回cacheをnilにしてたので)、ちょっと調べて見ました。

Continue reading »

 

CoreDataを使って開封・未開封のデータを検索→tableViewで一覧表示を作りました。
そのとき、

  1. 未開封のデータを検索
  2. tableViewで一覧表示
  3. そのうちとあるデータを選択
  4. 中身を見る(=開封される)
  5. もどる
  6. tableViewから開封済になったデータが消える

という現象が置きました。
まぁ、FetchedResultsを使っているので、データが開封されればtableViewから消えるのは当然です。
が、検索結果が知らないうちに変化してしまうというのはなんか気持ち悪いので、変化しないようにして見ました。

Continue reading »

 

12月になりました。
今まで知らなかったんですが、12月は「毎日交代で誰かがテーマに関する記事をブログに書く」という
Advent Calenderの習慣があるみたいです。

テーマはたくさんあるみたいですが、いちいち探すのめんどくさくなったんで
自分が気になる奴のリンクまとめちゃいます。

Continue reading »