From the daily archives: 土曜日, 10月 8, 2011

CoreDataといえばデータを保存する手段であると同時に、MVCのMであるモデル構造を作るのに使われます。
しかし、モデル構造を持つ全てのデータが保存したいかと言われるとそうではありません。

たとえば、webから一時的にデータを持ってきて、そのなかからお気に入りのものだけ実際に保存するとかいうこともあるでしょう。それのためにいちいち保存していたら保存に使う時間も、CPUのリソースももったいないです。
というわけで、CoreDataで保存しない一時的なManagedObjectを作る方法を紹介します。

※保存しない分、時間とCPUの節約にはなりますが、メモリの節約にはなりません。
大量のデータを使うときは保存することでメモリを節約したほうがいいかもしれません。

Continue reading »