objective-cはオブジェクト指向なので、独自のクラスを作ることは多いと思います。
デバッグ時に独自のクラスの情報をNSLogで出力したい、ということも結構あるのではないかと思います。
そんな時に使える方法を紹介します。

■出力する文字列を変更する

descriptionメソッドをオーバーライドしてください。
[objc]
-(NSString * )description{
return @"出力文字";
}
[/objc]

これでオブジェクトを%@でNSLogにだそうとすると”出力文字”と出るようになります。
地味ですが、使うと便利なので使ってみてください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>