VPSの初期設定ラストです!
yumを使ってばしばしソフトをインストールしていきます

■yum(最新Ver用のリポジトリを追加)

  1. 次のコマンド(2つ)を実行
    [plain]rpm -ivh http://download.fedora.redhat.com/pub/epel/5/i386/epel-release-5-4.noarch.rpm
    rpm -ivh http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-5.rpm[/plain]

■Apache

  1. yumでインストールする
    [plain]sudo yum -y install httpd[/plain]
  2. 設定ファイルをいじる
    [plain]sudo vi /etc/httpd/conf/httpd.conf[/plain]
    いじる内容はそれぞれのサーバーによって違うので割愛。
    基本的には一番下にある表示するディレクトリとかVirtualHost関連しかいじらなくてOKです。
  3. 起動[plain]sudo service httpd start[/plain]
  4. 自動起動に登録[plain]chkconfig httpd on[/plain]
  5. 自動起動の確認[plain]chkconfig –list httpd[/plain]
    次のようになってればOK
    [plain]httpd 0:off 1:off 2:on 3:on 4:on 5:on 6:off[/plain]

■mysql

  1. yumで最新版をインストール[plain]yum –enablerepo=remi-test install mysql mysql-server[/plain]
  2. 設定ファイルをいじる[plain]sudo vi /etc/my.cnf[/plain]
    [plain][mysqld]
    default-character-set=utf8
    character-set-server=utf8
    [client]
    default-character-set=utf8[/plain]
  3. 起動[plain]sudo /etc/init.d/mysqld start[/plain]
  4. 自動起動に登録[plain]chkconfig mysqld on[/plain]
  5. 自動起動の確認[plain]chkconfig –list mysqld[/plain]
    次のようになってればOK
    [plain]mysqld 0:off 1:off 2:on 3:on 4:on 5:on 6:off[/plain]
  6. rootパスワード設定[plain]sudo mysqladmin -u root password ‘パスワード’[/plain]

■PHP

  1. yumを使ってインストール
    [plain]sudo yum install php php-adodb php-cli php-common php-mysql php-pdo –enablerepo=remi
    sudo yum install php-mbstring –enablerepo=remi[/plain]
  2. Apache再起動[plain]sudo /etc/rc.d/init.d/httpd restart[/plain]

■備考
もしかしたら次の必要かも・・・・?(未検証)

  1. i356のmysqlを削除してx64のを入れる
    [plain]sudo yum install mysql mysql-bench mysql-connector-odbc mysql-devel mysql-devel mysql-server mysql-test perl-DBD-MySQL php php-adodb php-cli php-common php-mysql php-pdo –enablerepo=remi
    sudo yum remove mysql.i386 mysql-devel.i386
    sudo yum install php-mbstring –enablerepo=remi[/plain]

これで設定完了!
/var/www/htmlっていうフォルダができていてこの中にファイルを入れれば表示されるようになってるはずです。
・・・・うろ覚えな部分も結構あるので、間違ってる部分もあるかもしれません。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>